コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液化型アミラーゼ

1件 の用語解説(液化型アミラーゼの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

液化型アミラーゼ

 液化アミラーゼともいう.デンプンの糖鎖を任意の個所で切断する様式で作用する酵素で,デンプンが急速に低分子化し粘度が低下することから命名されたアミラーゼアミロース鎖の末端に作用して急速にマルトースなどを生成するために早い時期に甘味が強くなる糖化型アミラーゼに対していう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

液化型アミラーゼの関連キーワードアミラーゼα-限界デキストリナーゼ液化アミラーゼエキソアミラーゼグルコアミラーゼ膵液アミラーゼ唾液アミラーゼデンプン分解酵素糖化型アミラーゼ難消化性デンプン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone