コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液化型アミラーゼ

栄養・生化学辞典の解説

液化型アミラーゼ

 液化アミラーゼともいう.デンプン糖鎖を任意の個所で切断する様式で作用する酵素で,デンプンが急速に低分子化し粘度が低下することから命名されたアミラーゼ.アミロース鎖の末端に作用して急速にマルトースなどを生成するために早い時期に甘味が強くなる糖化型アミラーゼに対していう.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

液化型アミラーゼの関連キーワードパンクレアチン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android