コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淋糸/痳糸 リンシ

2件 の用語解説(淋糸/痳糸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りん‐し【×淋糸/×痳糸】

淋菌性尿道炎の患者の尿中にみられる、短く白い糸状の浮遊物。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

淋糸【りんし】

慢性淋菌性尿道炎の患者の尿中に現れる白い糸を短く切ったような浮遊物。長さは普通0.5〜2cm程度で,上皮細胞,粘液,白血球などからなる。→淋病

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

淋糸/痳糸の関連キーワード尿道炎クラミジア感染症腎性尿崩症内因性尿中窒素フェニル酢酸有棘赤血球アムバール公式グリゾールの法則ビットルフ現象C型肝炎の患者・感染者