コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淤宇宿禰 おうのすくね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

淤宇宿禰 おうのすくね

日本書紀」にみえる官吏。
倭(やまと)の屯田司(みたのつかさ)。応神天皇の没後,屯田を掌握しようとする額田大中彦(ぬかたのおおなかつひこの)皇子の陰謀を,大鷦鷯尊(おおさざきのみこと)(のちの仁徳天皇)らに報告し未然にふせいだ。出雲臣(いずものおみ)の祖とされる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例