コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深山柏槙 ミヤマビャクシン

デジタル大辞泉の解説

みやま‐びゃくしん【深山××槙】

イブキ変種。幹は地をはい、葉はうろこ状であるが、針状のものもまじる。雌雄異株。高山や北地の海岸などに生え、庭に植えることもある。古木シンパクとよび、盆栽にする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みやまびゃくしん【深山柏槙】

イブキの変種。常緑低木で、高山や深山の岩壁や砂礫地に生える。葉に針葉と鱗状葉の二型がある。鱗状葉だけの古木を園芸でシンパクと呼ぶ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

深山柏槙の関連キーワード深山針葉岩壁槙柏