深江弥加止(読み)ふかえの みかど

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深江弥加止 ふかえの-みかど

?-? 平安時代前期の出羽(でわ)の俘囚(ふしゅう)。
元慶(がんぎょう)の乱のさい,玉作正月麻呂(たまつくりの-むつきまろ)と国府側に味方。備蓄の非常用稲穀(不動穀)をあたえられた3村の俘囚200人余をひきいて夜襲,反乱側の夷俘(いふ)80人を殺し,戦局を逆転させた。元慶3年(879)外従五位下。名は三門とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android