コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夷俘 イフ

大辞林 第三版の解説

いふ【夷俘】

奈良時代から平安初期、律令政府に降伏した蝦夷えみしの称。さらに順化の進んだ俘囚ふしゆうと区別していう場合もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の夷俘の言及

【蝦夷】より

…そして以後は,勇者という意味の美称エミシは〈毛人〉という形で主として人名などに,強暴なる抵抗民たちという意味のエミシには〈蝦夷〉が用いられるようになった。戦争によって捕虜になったり,もしくは降伏した蝦夷は〈俘囚(ふしゆう)〉〈夷俘〉というふうに呼ばれる。彼らは,大量に内国に送られ,それぞれの国で〈俘囚郷〉をつくって生活した。…

【俘囚】より

…日本古代において,捕虜になるか降伏して国家支配下に置かれた蝦夷(えぞ∥えみし)をいう。夷俘とも称された。古代国家は国家支配の外に立つ蝦夷という抵抗民たちとその領土とを,国家支配の中に組織して,これを〈内民〉〈内国〉に同ずることを蝦夷経営の最終目標にしていた。…

※「夷俘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

夷俘の関連キーワード平安時代(年表)吉弥侯伊佐西古伊治呰麻呂百済王俊哲深江弥加止藤原滋実文室有房蝦夷順化

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android