不動穀(読み)ふどうこく

精選版 日本国語大辞典「不動穀」の解説

ふどう‐こく【不動穀】

〘名〙 奈良・平安時代、諸国で非常用に備蓄された穀物。和銅元年(七〇八)、国の大税をさいて不動倉に納め、これを非常用備蓄としたことに始まる。官裁を経ないでこれを消費することは許されなかった。不動
※三代格‐八・貞観八年(866)一二月八日「応禁制輙開用不動穀事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報