コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深沢鉱山 ふかざわこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深沢鉱山
ふかざわこうざん

秋田県大館市にある同和鉱業花岡鉱業所所属の鉱山。 1969年8月に秋田県北鹿 (ほくろく) 地域中央部で初めて平均深度 400mにおける高品位黒鉱 (くろもの) の潜頭鉱床として発見され,71年 11月に開発に着手,73年 10月から粗鉱月産約1万tの生産を始めた。鉱床は新第三紀中新世の火砕岩,堆積岩火成岩母岩とする層状鉱床で,埋蔵量 300万t,品位銅 1.0%,鉛 3.0%,亜鉛 12.0%のほか金,銀その他を含んでいる。開発当初から全山トラックレス・マイニング方式を採用した日本最初のもので,開発所要期間がきわめて短く,この方式と高度機械化により生産面でも,安全性が高く高能率を上げている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

深沢鉱山の関連キーワード秋田県大館市

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android