コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深海音波散乱層(読み)しんかいおんぱさんらんそう(英語表記)deepsea scattering layer; DSL

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深海音波散乱層
しんかいおんぱさんらんそう
deepsea scattering layer; DSL

音響測深機で水深をはかる際,出した音波がしばしば実際の海底より浅いところから反射してくることがある。これを深海音波散乱層 (深海散乱層) という。原因としてはプランクトン,深海魚群,海水の密度の違い,などが考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の深海音波散乱層の言及

【DSL】より

…deep scattering layer(s)の略で,深海散乱層あるいは深海音波散乱層と訳す。1930年代より音響測深器が使用され始めたが,音波が実際の海底より浅い数百m付近の層から反射して記録紙に記録されることがあり,偽海底,偽底像,幽霊海底などと呼ばれた。…

※「深海音波散乱層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android