コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音響測深機 おんきょうそくしんき

2件 の用語解説(音響測深機の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

音響測深機

船底から音波を出し、音が海底から反射して帰って来るまでの時間を測ることによって、水深を求める装置。到着音を自動的に記録し、船の航路にそった海底地 形断面が連続的に記録される。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

音響測深機
おんきょうそくしんき

船底に発音器と受音器を取り付け、発音器から超音波を海底に向けて発射し、海底に当たって反射して返る超音波を受音器で受信し、その時間を測定して海の深さを知る装置。1923年に発売されたランジュバン音響測深機が初めである。Dを水深、vを水中音速、tを反響時間、dを喫水とするとD=1/2vt+dの式で水深が求められる。水中音速は毎秒1500メートルとすることになっている。使用音域は10キロヘルツから200キロヘルツ程度の周波数を用いる。周波数が低いと水中での減衰が少なく、深い水深まで測れるが精度が悪くなる。現在の音響測深機は精度を重視して200キロヘルツ程度の高い周波数を用いるものが多い。発音体および受音体には磁歪(じわい)効果をもつニッケルやアルフェロ(鉄とアルミニウムの合金)、あるいは電歪効果をもつチタン酸バリウムなどが利用されている。
 受信された信号の表示方法は、記録紙にグラフ的に発振線と海底が現れるようにするのが普通で、海底の起伏の状況が記録される。水深を測るときはこのグラフに目盛りを当てて深さを読み取る。1980年代以降、ブラウン管を用いカラー表示をするものが主流を占めるようになった。[飯島幸人]
『伊関貢・庄司和民著『航海計器学』(1950・海文堂) ▽飯島幸人・林尚吾著『航海計測』(1986・成山堂書店) ▽米沢弓雄著『基礎航海計器』(1995・成山堂書店) ▽田口一夫・田畑雅洋著『海洋計測工学概論』(1997・成山堂書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音響測深機の関連キーワード吸音率マルチ・ナロービーム音響測深機音響測深超音波探傷器水足青の洞窟超音波顕微鏡超音波診断法インバーテッドエコーサウンダー音波ログ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

音響測深機の関連情報