コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混合裁判所 コンゴウサイバンショ

1件 の用語解説(混合裁判所の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こんごう‐さいばんしょ〔コンガフ‐〕【混合裁判所】

領事裁判裁判所のうち、主に民事事件において、原告被告との両方の所属国から出された裁判官によって構成されていたもの。現在は存在しない。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の混合裁判所の言及

【オスマン帝国】より

…翌39年のギュルハネ勅令を契機としたタンジマート(1839‐76)改革期を通じて,帝国の行政,法律,教育の西欧化がさらに徹底して進められた。その結果,唯一絶対性を誇ったシャリーアは相対化され,シャリーア法廷の枠外にムスリムと非ムスリムとの間の民事・商事訴訟を取り扱う混合裁判所が設置されるなど,イスラム国家から西欧型世俗国家への移行が進展した。一方,教育の西欧化は,新しいタイプの軍人,官僚,技術者,弁護士,知識人を生み出し,司法や教育分野におけるウラマーの影響力を低下させた。…

※「混合裁判所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone