領事裁判(読み)りょうじさいばん(英語表記)consular jurisdiction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

領事裁判
りょうじさいばん
consular jurisdiction

領事や専門の裁判官駐在国で自国民の裁判を行なった制度。一般国際法上,外国人はその所在国の法と裁判権に服するが,文明または宗教上の理由によって領事裁判制度を設けて,国民がどこにいても自国法が適用されるとする属人法主義の考え方を採用したもの。しかし交通の発達が文化の接近を促すにつれ,領域国の裁判権を制約するこの制度は,次第に廃止され,現在は存在しない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りょうじ‐さいばん〔リヤウジ‐〕【領事裁判】

領事が、本国法に基づいて、その駐在国にいる自国民の裁判を行う制度。19世紀にヨーロッパ諸国が、司法制度の確立していないアジア諸国などで行ったが、今日では廃止された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

領事裁判【りょうじさいばん】

領事(または一般外交官,専門の裁判官)が駐在国在留の自国人に対して行う裁判。相手国の裁判権を排除する治外法権の一種。19世紀欧米諸国がアジアやアフリカ諸国に強制して設定していたもので,現在はない。日本でも1858年安政仮条約で設けられ,1899年条約改正実施まで存在。なお,日本は1896年以降第2次大戦終了まで,中国に対して領事裁判権を有していた。→カピチュレーション
→関連項目安政五ヵ国条約ノルマントン号事件

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

りょうじさいばん【領事裁判】

領事などが、駐在国において、その国に在住する自国民の裁判をする制度。一九世紀にヨーロッパ諸国がアジア・アフリカ諸国で行なったもので、今日では廃止されている。治外法権。 → 治外法権

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android