コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混紡糸 コンボウシ

デジタル大辞泉の解説

こんぼう‐し〔コンバウ‐〕【混紡糸】

混紡にした。例えば、木綿羊毛綿糸絹糸をまぜて紡績した糸など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の混紡糸の言及

【糸】より

… フィラメント糸では異形断面糸,伸縮性嵩高(かさだか)加工糸(バルキーヤーン),スプリット繊維など,平滑な表面を改良して吸湿性やふっくらした感じをもたせた糸が作られるようになった。 混紡糸は2種類以上の異なった繊維を混ぜて紡いだ糸である。混繊糸は2種以上の繊維のマルチフィラメント糸を平均化して混ぜ合わせて作った糸であり,ナイロンとアセテート,トリアセテートとポリエステルを混繊したものが日本で1967年に開発され販売されている。…

※「混紡糸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

混紡糸の関連キーワードジャージー(メリヤス)日本毛織(株)ドリル(織物)フランネル紡毛織物敷島紡績紡績工業短繊維寝具毛布混紡泉南交織

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

混紡糸の関連情報