混紡糸(読み)こんぼうし

精選版 日本国語大辞典の解説

こんぼう‐し コンバウ‥【混紡糸】

〘名〙 綿糸と毛糸、絹糸と綿糸、綿糸とアクリル糸など互いにちがった繊維を混ぜ合わせ、紡績してできた糸をいう。品質表示法によって、重量割合をパーセントで表わす。
※カポク繊維(1943)〈森田喜三郎〉「絹カポクの混紡糸も現在では綿番十手位のものが最も細いものであるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の混紡糸の言及

【糸】より

… フィラメント糸では異形断面糸,伸縮性嵩高(かさだか)加工糸(バルキーヤーン),スプリット繊維など,平滑な表面を改良して吸湿性やふっくらした感じをもたせた糸が作られるようになった。 混紡糸は2種類以上の異なった繊維を混ぜて紡いだ糸である。混繊糸は2種以上の繊維のマルチフィラメント糸を平均化して混ぜ合わせて作った糸であり,ナイロンとアセテート,トリアセテートとポリエステルを混繊したものが日本で1967年に開発され販売されている。…

※「混紡糸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android