コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混紡 こんぼう mixed spinning

6件 の用語解説(混紡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

混紡
こんぼう
mixed spinning

種類の違った繊維を混ぜて紡績すること。種類の違う繊維の長所を取入れて,品質や価格面ですぐれた糸をつくり出すのが目的。糸を紡績工程に掛ける前に重さの割合で行う原綿混紡,梳綿工程の前に行うラップ混紡 (展綿調合) ,練条工程で行うスライバ混紡 (練条調合) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こん‐ぼう〔‐バウ〕【混紡】

[名](スル)2種以上の異なる繊維をまぜ合わせて紡績すること。「綿と化学繊維の混紡

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

混紡【こんぼう】

2種以上の繊維を混ぜ合わせて紡績すること。絹と合繊,綿と合繊,毛と合繊などが多い。初め安価な絹・毛織物などを作るために用いられたが,現在では天然繊維の長所を生かし,短所を合繊で補って丈夫な織物とするために行われる
→関連項目交織

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こんぼう【混紡 mixed fiber spinning】

2種類以上の異なった繊維を混ぜて糸を紡ぐことを混紡といい,できた糸を混紡糸mixed yarnという。ポリエステルと綿,ポリエステルと羊毛のように2種類の混紡を二者混紡,3種類の繊維では三者混紡と呼ばれる。混紡は種類の異なる繊維の性能を高め,欠点を補い合うために行われる。たとえば,ポリエステルと綿の混紡では,吸湿性はないがしわにならないポリエステルと,吸湿性は高いがしわのよりやすい綿とを混ぜて糸に紡ぐことにより,アイロンがけの要らないワイシャツ生地などへ利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こんぼう【混紡】

( 名 ) スル
種類の異なる繊維をまぜ合わせて糸につむぐこと。 「 -糸」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

混紡
こんぼう

2種以上の異なる繊維を混合して紡績すること。これを糸にしたものが混紡糸であり、織物では経緯(たてよこ)糸の一部、または全部に混紡糸を用いたものが混紡織物である。混紡するのは、(1)ある繊維が単独では使用目的にかなった糸を紡績することが困難であるとき、異なる繊維を混紡し、両者のもたない性能を発揮させるため、(2)単独の繊維だけでは消費の目的からみて不適当であるため、原料を安価にしようとする経済的理由から、(3)原料の不足を補うため、その繊維の代用として、(4)一つの繊維だけでは紡績がしにくいとき、他の繊維を加え可紡性をよくするため、などである。
 混紡は、1本の糸の中へ均質に繊維を混紡することが必要であるが、紡績工程のうちのどこが行うかによって、原綿混紡、ラップ混紡、スライパー混紡などに分けられる。原綿混紡は混打綿工程前に、ラップ混紡は梳綿(そめん)工程前に、またスライパー混紡は練条(れんじょう)工程で行われる。これらは繊維の種類や性能を考慮してもっとも適切な方法がとられる。
 混紡の組合せ効果は、混紡繊維の組合せと混紡率によって決められる。古くは天然繊維と天然繊維の混紡であったが、最近の傾向は、合繊または化繊と天然、合繊と化繊、化繊と化繊、合繊と合繊などと、二者の混紡だけでなく3種以上の混紡もあり、年とともに多様化していく傾向にある。このうち化合繊は、太さ・長さ・形などを自由に変えられるので、木綿や羊毛など天然繊維とあわせてつくることができ、従来からもっていた天然繊維の性能とあわせ、最適の状態が得られる。市場にある代表製品の混紡率は、一般にポリエステル(テトロン、テリレンなど)と木綿では、65~75%と35~25%に、ポリアクリル(ボンネル、カシミロンなど)と羊毛では、50~55%と50~45%に、ナイロンと羊毛では、20~30%と80~70%となっている。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の混紡の言及

【紡績】より

…羊毛では各種の色に染めた繊維を混合して糸を作ることが,深みのある色を出すのに必要だとされている。一般に天然繊維と化学繊維,ポリエステルとレーヨンなど異種繊維を混ぜて紡績することを混紡と呼び,産地,格付けの異なる原綿を混ぜることを混綿と呼ぶ。(11)ほかに風綿(風で舞い積もった繊維)の除去,温湿度制御などの補助的操作もある。…

※「混紡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

混紡の関連キーワード交織扱き混ぜる紡ぐ紡績キメラマウス混合比交ぜ織糸を紡ぐグレートヒェンブレンドウイスキー合わせ味噌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

混紡の関連情報