添心(読み)てんしん

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐しん【添心】

〘名〙
① (━する) 心を寄せて世話をすること。精神的に力づけること。また、そのような援助。
歌舞伎黄門記童幼講釈(1877)七幕「政治は老中衆議の上、光圀添心(テンシン)いたさうと無事を計ふ水府の意見」
江戸時代、総録屋敷(座頭統轄機関)における幹事のような役。実権はなかった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android