黄門記童幼講釈(読み)こうもんきおさなごうしゃく

精選版 日本国語大辞典 「黄門記童幼講釈」の意味・読み・例文・類語

こうもんきおさなごうしゃく クヮウモンキをさなガウシャク【黄門記童幼講釈】

歌舞伎時代物。七幕。河竹黙阿彌作。明治一〇年(一八七七東京新富座初演。講談黄門記から脚色。魚屋久五郎が、魚を盗んだ犬を殺した科(とが)打首になろうとする事件や大船安宅丸(あたけまる)に関連して起こった刃傷事件などを、黄門徳川光圀が解決する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典 「黄門記童幼講釈」の解説

黄門記童幼講釈
こうもんき おさなこうしゃく

歌舞伎・浄瑠璃外題
作者
河竹新七(2代)
初演
明治10.12(東京・新富座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android