黄門記童幼講釈(読み)こうもんきおさなごうしゃく

精選版 日本国語大辞典「黄門記童幼講釈」の解説

こうもんきおさなごうしゃく クヮウモンキをさなガウシャク【黄門記童幼講釈】

歌舞伎。時代物。七幕。河竹黙阿彌作。明治一〇年(一八七七)東京新富座初演。講談黄門記から脚色。魚屋久五郎が、魚を盗んだ犬を殺した科(とが)打首になろうとする事件や大船安宅丸(あたけまる)に関連して起こった刃傷事件などを、黄門徳川光圀が解決する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「黄門記童幼講釈」の解説

黄門記童幼講釈
こうもんき おさなこうしゃく

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
河竹新七(2代)
初演
明治10.12(東京・新富座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android