コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原助光 きよはらの すけみつ

1件 の用語解説(清原助光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原助光 きよはらの-すけみつ

?-? 平安時代後期の雅楽家。
宮中の笛師(ふえのし)。清原助種(すけたね)の弟子。「十訓抄」によれば,左近衛府生(さこんえのふしょう)のとき,上役の怠慢に連座して穴ぐらにいれられ,夜半に大蛇におそわれる。助光が笛をとって舞楽曲還城楽(げんじょうらく)の破を奏したところ,蛇は退散したという。名は助元とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

清原助光の関連キーワード上真節大神惟季岸本芳景清瀬宮継清原助種戸部清延狛行高豊原公里明暹豊英秋

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone