コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原助光 きよはらの すけみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原助光 きよはらの-すけみつ

?-? 平安時代後期の雅楽家。
宮中の笛師(ふえのし)。清原助種(すけたね)の弟子。「十訓抄」によれば,左近衛府生(さこんえのふしょう)のとき,上役の怠慢に連座して穴ぐらにいれられ,夜半に大蛇におそわれる。助光が笛をとって舞楽曲還城楽(げんじょうらく)の破を奏したところ,蛇は退散したという。名は助元とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android