清水正令の妻(読み)しみず・まさよしのつま

朝日日本歴史人物事典の解説

清水正令の妻

生年:生没年不詳
戦国時代の女性。夫は武将北条氏政の家臣。『比売鑑』によると,たいへん腕力が強く,米を背負った断崖から足を踏みはずしているのを見るや,両手を牛のに差し入れて道に上げたという。また,息子も母のを受けて腕力が強かったが,それを誇って傲慢無礼であるのを常に戒めたともいう。

(真下道子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android