コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清綱 きよつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清綱 きよつな

?-? 鎌倉時代の刀工。
建仁(けんにん)-元久(1201-06)のころ,周防(すおう)吉敷郡(よしきぐん)仁保(にほ)(山口市)に居住(一説に玖珂(くが)とも)。二(仁)王堂焼失のとき,自作の太刀で鎖をきって二王像を救出したので,二王三郎とよばれたという。周防二王派の祖(初代)。遺存作はなく,重文の文永2年銘の太刀(厳島(いつくしま)神社蔵)は2代または3代の作とおもわれ,ほかに同派「清綱」銘の無年紀の重文が3口(ふり)ある。通称は宗三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清綱の関連キーワード勝山 方教大井田 斉黒田 清輝八田知紀滝園歌集勝山方教藤原隆時樋爪俊衡大井田斉黒田清輝服部磯子鎌倉時代大伴清縄田代氏桂園派息津氏益田荘黒田建仁刀工

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android