コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元久 ゲンキュウ

大辞林 第三版の解説

げんきゅう【元久】

年号(1204.2.20~1206.4.27)。建仁の後、建永の前。土御門つちみかど天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

げんきゅう【元久】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1204年から1206年まで、土御門(つちみかど)天皇の代の元号。前元号は建仁(けんにん)。次元号は建永(けんえい)。1204年(建仁4)2月20日改元。1204年は甲子(かっし)にあたり、甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年で変乱が多いとされることから、先例にならい甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた。『毛詩正義(もうしせいぎ)』を出典とする命名。元久年間の鎌倉幕府の将軍は源実朝(さねとも)(3代)。実朝の将軍就任は、前年の比企能員(ひきよしかず)の変(北条氏の策謀により、幕府要職にあった比企能員が失脚した事件)で、追放された兄の源頼家(よりいえ)(第2代将軍)が死去したという虚偽の報告を朝廷に行った結果、家督相続が許されたことによる。頼家は幕府執権の北条時政(初代)により修善寺に幽閉され、1204年(元久1)に殺害される。翌1205年(元久2)には、その時政も伊豆に追放され、北条義時(よしとき)が第2代執権に就任した。同年には『新古今和歌集』が成立している。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

元久の関連キーワード国民的議論に関する検証会合尊快入道親王(1)二階堂行貞(2)島津久豊(1)藤原行長(1)後鳥羽院下野信濃前司行長道覚入道親王平盛時(2)秋篠月清集真空(1)姉小路実世宇都宮朝綱政策新人類信空(1)伊集院頼久祝部成茂池田奉永藤原孝範藤原時朝

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元久の関連情報