コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋江長伯 しぶえ ちょうはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋江長伯 しぶえ-ちょうはく

1760-1830 江戸時代中期-後期の医師,本草家。
宝暦10年生まれ。寛政5年(1793)幕府の奥詰医師となり,巣鴨(すがも)薬園総督をかねる。11年幕命で蝦夷(えぞ)地(北海道)で採薬し,「蝦夷採薬記」「北遊草木帖」をあらわす。また巣鴨薬園で羊を飼育し羅紗(ラシヤ)を試作した。文政13年4月19日死去。71歳。本姓は太田。名は虬(たつ)。字(あざな)は潜夫。別号に西園,確亭。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

渋江長伯の関連キーワード厚生新編本草家

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android