渋江長伯(読み)しぶえ ちょうはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋江長伯 しぶえ-ちょうはく

1760-1830 江戸時代中期-後期の医師,本草家。
宝暦10年生まれ。寛政5年(1793)幕府の奥詰医師となり,巣鴨(すがも)薬園総督をかねる。11年幕命で蝦夷(えぞ)地(北海道)で採薬し,「蝦夷採薬記」「北遊草木帖」をあらわす。また巣鴨薬園で羊を飼育し羅紗(ラシヤ)を試作した。文政13年4月19日死去。71歳。本姓は太田。名は虬(たつ)。字(あざな)は潜夫。別号に西園,確亭。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android