太田(読み)おおた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太田
おおた

秋田県中南部,大仙市東部の旧町域。横手盆地の北東部にある。東は岩手県に接する。1956年横沢村と長信田村が合体して太田村となり,1969年町制。2005年大曲市,神岡町,西仙北町,中仙町,協和町,南外村,仙北町と合体して大仙市となった。真昼山地西斜面の扇状地では田沢疏水が引かれ水田が広がるが,田畑輪換により水田酪農地として利用される。東部の真昼山地は,斉内川上流の真木渓谷の豊かな自然とともに真木真昼県立自然公園に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおた【太田】[群馬県の市]

群馬県南東部の市。子育て呑竜(どんりゅう)様として有名な大光院門前町日光例幣使街道の宿場・市場町として発展。自動車などの工業が盛ん。平成17年(2005)尾島町・新田町・薮塚本町と合併。人口21.6万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおた【太田】

茨城県常陸太田市の旧名。すでに《常陸国風土記》や《和名抄》の中に久慈郡太田里・大田郷としてあらわれる。平安末期のころ,久慈郡佐竹郷を領有していた常陸介隆義がこの地に移住して太田四郎と称し,その子秀義の時代には《吾妻鏡》の治承4年(1180)11月8日条によれば,頼朝の挙兵に従わなかったためその所領を没収されたが,没収所領の中には常陸国奥七郡などとともに太田もふくまれていたことが判明する。爾来400年佐竹氏はここを居城としていたが,室町時代に一族内紛により太田を追われたこともある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおた【太田】

群馬県南東部の市。近世は大光院の門前町、日光例幣使街道の宿場町、また市場町として発展。自動車・電機工業などが発達。

おおた【太田】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太田の関連情報