減感(読み)げんかん(英語表記)desensitization

翻訳|desensitization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

減感
げんかん
desensitization

写真感光材料感光度低下現象。すべての色光に感光性をもつパンクロマチックフィルムなどの操作に,暗室用安全光の使用は許されないが,減感現象を利用すれば,赤色安全光下で,肉眼で現像の進行を見ることができる。減感処理は,減感色素と呼ばれるピナクリプトール・グリーン,メチレン・ブルー,フェノサフラニンなどの水溶液に,感光材料を現像前に数分間浸して行う。減感色素がハロゲン化銀粒子に吸着し,既成の潜像を破壊することなく,新しい光による潜像形成を妨害して減感が行われるものと推測されている。現在は,タンクによる時間現像が主で,肉眼で見る皿現像は少く,減感もほとんど行われない。また感光材料は一度高照度露光すると,低照度の光に対して減感作用がある。これをクライデン効果という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

げんかん【減感】

写真の現像処理前に、フィルムの感度を特殊な薬品によって低下させること。 ⇔ 増感

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

減感の関連情報