コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減耗控除制度 げんもうこうじょせいどdepreciation system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

減耗控除制度
げんもうこうじょせいど
depreciation system

鉱山などについての減価償却の算定方法の一つ。鉱物をはじめとする天然資源は生産することにより減耗していくが,これを補充するため,売上げや利潤の一定割合を主として新しい開発 (探鉱,開鉱) 投資の費用にあてることを目的として控除すること。具体的には,不可測の要因を含んではいるが,一応推定できる現在および未来の埋蔵鉱量,品位,鉱山の経営的寿命,生産コスト,探鉱費,開発投資必要額などを見積り,これから以後年々の平均必要投資額を割出し,これを売上げから控除して積立てる。この積立金に相当する部分を製造工業設備などの資本消耗分に見立てるわけである。アメリカ,カナダなどでは,税制上,制度化されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android