コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡り櫓 ワタリヤグラ

デジタル大辞泉の解説

わたり‐やぐら【渡り×櫓】

城郭の枡形(ますがた)に設けたやぐらで、石垣の上に渡して下に門を開けたもの。
城の石垣の上に長く続くやぐら多聞(たもん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わたりやぐら【渡り櫓】

長屋状の櫓。多聞たもん
石垣と石垣を結んで渡した櫓。下には櫓門を開く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

渡り櫓の関連キーワード高松城跡〈香川県〉升形(桝形)村上城跡姫路城跡上野城跡和歌山城渡り櫓門松本城城郭枡形櫓物櫓門

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渡り櫓の関連情報