渡川(読み)わたりがわ

  • わたりがわ ‥がは

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 冥土の三途(さんず)の川。
※古今(905‐914)哀傷・八二九「いもうとの身まかりにける時よみける なく涙雨とふらなんわたりがは水まさりなばかへりくるがに〈小野篁〉」
② 川を渡ること。渡河。
※滑稽本・続膝栗毛(1810‐22)三「せぶみするは居ざりとしらでわたり川是にはまらぬものはあらじな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の渡川の言及

【四万十川】より

…四国では吉野川に次ぐ流域面積をもつ。河川法では中村市の市街地付近より下流の部分称であった渡(わたり)川の名称が用いられるが,近世の文献でも,総称に四万十川が用いられ,現在も,一般には四万十川とよばれている。流域は高知県南西部の高岡郡西部と幡多(はた)郡(南部を除く)および中村市の広域にわたる。…

※「渡川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渡川の関連情報