冥土(読み)めいど

日本大百科全書(ニッポニカ)「冥土」の解説

冥土
めいど

冥途(めいど)とも書き、冥界(めいかい)、黄泉(よみ)などともいう。死後、死者の霊魂がたどって行く道。亡者のさまよい行く世界。主として地獄(じごく)、餓鬼(がき)、畜生(ちくしょう)の三悪道などをさす。中国ではこの冥土には閻魔(えんま)などの十王や、多くの冥官や冥吏などがいて、生前の罪過を罰するものと信じられた。日本では地蔵(じぞう)信仰と関連して、三途(さんず)の川、(さい)の河原などがあると考えられた。

[佐々木章格]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「冥土」の解説

めい‐ど【冥土/冥途】

仏語。死者の霊魂の行く世界。あの世。地獄餓鬼畜生の三悪道をいう。冥界。黄泉。よみじ。
[補説]書名別項。→冥途
[類語]煉獄地獄奈落の世のちの世後世ごせ後生ごしょう来世冥府冥界幽冥幽界黄泉こうせん黄泉よみ霊界草葉の陰泉下

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「冥土」の解説

【冥土】めいど

冥界。

字通「冥」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「冥土」の解説

冥土
めいど

冥途」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android