コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡瀬寅次郎 わたせ とらじろう

2件 の用語解説(渡瀬寅次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡瀬寅次郎 わたせ-とらじろう

1859-1926 明治-大正時代の教育者。
安政6年6月25日生まれ。M.C.ハリスから受洗。開拓使に勤務し,明治15年札幌基督(キリスト)教会(現札幌独立基督教会)の会員となる。のち水戸中学校長,茨城師範校長などをつとめ,28年東京中学院(現関東学院)の初代院長となった。大正15年11月8日死去。68歳。江戸出身。札幌農学校(現北大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

渡瀬寅次郎

没年:大正15.11.8(1926)
生年:安政6.6.25(1859.7.24)
明治期の教育家。関東学院初代院長。東京生まれ。明治9(1876)年札幌農学校に入学し,W.S.クラークによる「イエスを信ずる者の契約」に署名。翌10年メソジスト教会宣教師M.C.ハリスから受洗。同13年札幌農学校卒業後は開拓使御用掛として勤務。同15年内村鑑三らと札幌基督教会(札幌独立基督教会)を設立する。同18年水戸中学校校長に招かれるが間もなく辞職。このときに時出会ったE.W.クレメントの勧めで東京中学院(関東学院)の初代院長に就任する。少数精鋭主義人格主義教育をめざした。<参考文献>渡瀬昌勝『渡瀬寅次郎伝』

(篠崎恭久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渡瀬寅次郎の関連キーワード関東学院大学石坂正信大坂鷹司太田秀穂加藤利吉笹森卯一郎遠山参良中島半次郎林春雄松本高三郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone