コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少数精鋭主義 しょうすうせいえいしゅぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

少数精鋭主義
しょうすうせいえいしゅぎ

政治集団の組織活動において,集団活動の効果を量に求めようとする大衆主義に対して,鉄の規律のもとにきびしく訓練された少数精鋭分子に基礎をおいて,最大の活動効果をあげようとする組織原則をさす。 A.ブランキが組織した秘密結社「季節社」がこの例である。だが最も典型的なのは,レーニンの「前衛党」組織である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

少数精鋭主義の関連キーワードボルシェビズム渡瀬 寅次郎ボリシェビキ津田塾大学渡瀬寅次郎住友銀行武蔵大学一揆主義黒竜会前衛党精鋭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

少数精鋭主義の関連情報