コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺銅意 わたなべ どうい

2件 の用語解説(渡辺銅意の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺銅意 わたなべ-どうい

?-? 江戸時代前期の鋳物師。
京都から江戸にうつりすみ,梵鐘(ぼんしょう),擬宝珠(ぎぼし)などを製作した。代表作は,尾張(おわり)・紀伊(きい)両徳川家献上の日光大猷院廟(だいゆういんびょう)前の灯台4基などで,万治(まんじ)2年(1659)には子の近江大掾(おうみのだいじょう)正次と江戸城棟飾りの鯱(しゃちほこ)を合作。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

渡辺銅意

生年:生没年不詳
江戸前期の鋳物師。慶安2(1649)年から寛文1(1661)年在銘の作品が知られ,おおよその活躍時期が察せられる。はじめ京都に住し,のちに江戸浅草に移住した。作品には灯籠,梵鐘,擬宝珠,花瓶などがある。万治1(1658)年作の江戸城本丸下乗橋擬宝珠の銘文に法橋を称しているが,これは承応2(1653)年に尾張,紀州両徳川家から日光大猷院廟に献上された銅灯台の鋳造を担当したことに対してのものとみなされる。子の正次も万治(1658~61)から元禄(1688~1704)ころに活躍した鋳物師で,江戸城の棟飾りに用いられたと伝える万治2年銘「銅鯱」(東京国立博物館蔵)のように,親子で合作したものも少なくない

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渡辺銅意の関連キーワード鋳物師挙白集吾吟我集太田正儀椎名吉次椎名吉寛堀山城(3代)堀山城(7代)安見道有湯浅宗運

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone