コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渦動粘性 かどうねんせい

海の事典の解説

渦動粘性

大気・海水の運動には、大小さまざまな渦が含まれる。しかし、これらの全てを同時に扱うことは不可能であり、対象とする現象よりも小さいスケールの現象か らの運動量輸送への寄与を、分子粘性と同様の表現形式で扱うことが多く、これを渦動粘性または渦粘性という。この場合の粘性係数渦動粘性係数)は、分子 粘性係数に比べて桁違いに大きい。また、一般に水平方向の粘性係数は、鉛直方向の粘性係数より格段に大きい。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

渦動粘性の関連キーワードエクマン層摩擦深度気象力学

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android