コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温知社 おんちしゃ

世界大百科事典 第2版の解説

おんちしゃ【温知社】

明治政府の西洋医学採用方針に抵抗して漢方医学の存続運動をはかった漢方医の団体の一つ。1875年医師開業試験科目として西洋医学(いわゆる西洋七科)が課せられ,漢方医が制度上実質的に認められなくなったのに端を発して漢方医存続運動が起こった。その一つが温知社の設立で,79年3月10日に東京の漢方医山田業広らが同志をつのって東京に設立して全国に呼びかけ,機関誌《温知医談》を発行,さらに後進の育成のために和漢医学講習所(のちの温知医学校)を設置して運動を展開した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

温知社の関連キーワード日本の医学史(年表)合田春悦大淵棟庵清川玄道

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android