コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖底遺跡

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

湖底遺跡

琵琶湖全体に約90カ所あるとされる。大半が集落の遺構とみられ、新しいものは江戸時代、古いものは縄文時代にまでさかのぼる。今回遺構が確認された「下坂浜千軒遺跡」のように、水没村の伝承が残る地域も多く、米原市沖の「尚江千軒遺跡」、高島市沖の「三ツ矢千軒遺跡」などが知られる。水没の原因として考えられるのは、琵琶湖の水位の変化と、大地震による液状化現象液状化の場合、地下の地層が流失して地盤沈下が起き、陸地が横滑りするように湖に引き込まれるという。

(2008-01-30 朝日新聞 朝刊 滋賀全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湖底遺跡
こていいせき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

湖底遺跡の関連キーワード滋賀県長浜市湖北町尾上琵琶湖湖底遺跡粟津湖底遺跡ナウマンゾウ水中考古学滋賀(県)大津(市)地震考古学曽根遺跡粟津貝塚竹生島多景島野尻湖

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湖底遺跡の関連情報