コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖底遺跡

2件 の用語解説(湖底遺跡の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

湖底遺跡

琵琶湖全体に約90カ所あるとされる。大半が集落の遺構とみられ、新しいものは江戸時代、古いものは縄文時代にまでさかのぼる。今回遺構が確認された「下坂浜千軒遺跡」のように、水没村の伝承が残る地域も多く、米原市沖の「尚江千軒遺跡」、高島市沖の「三ツ矢千軒遺跡」などが知られる。水没の原因として考えられるのは、琵琶湖の水位の変化と、大地震による液状化現象。液状化の場合、地下の地層が流失して地盤沈下が起き、陸地が横滑りするように湖に引き込まれるという。

(2008-01-30 朝日新聞 朝刊 滋賀全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湖底遺跡の関連キーワード線虫類ハムシ琵琶湖国定公園武奈ヶ岳琵琶鱒守山後歌琵琶湖の内湖琵琶湖環状線琵琶湖開発事業の割賦負担金

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湖底遺跡の関連情報