コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪湖 すわこ

7件 の用語解説(諏訪湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諏訪湖
すわこ

長野県中部,諏訪盆地にある湖。面積 12.9km2,周囲 17km。湖面標高 759m。最大水深部でも 6.3mにすぎず,蓼科山八ヶ岳の火山地から流入する河川により,南岸と北岸には広い扇状地三角州が発達している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すわ‐こ〔すは‐〕【諏訪湖】

長野県中央部、諏訪盆地にある断層湖。冬季に結氷すると、「御神渡(おみわたり)」とよばれる、氷の割れ目に沿った氷堤がみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

諏訪湖【すわこ】

長野県中央部の断層湖。天竜川の源流をなし,南西岸に糸魚(いとい)川・静岡構造線の断層崖が走る。標高759m,面積12.81km2,最深7.6m。《古事記》に州羽海とあるほか,洲輪之海・須波海・鵝湖などとみえる。
→関連項目岡谷[市]上諏訪下諏訪[町]諏訪[市]諏訪盆地茅野[市]ビワマス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すわこ【諏訪湖】

長野県の中央にある湖。諏訪盆地中央部を占め,諏訪市,岡谷市,下諏訪町にまたがる。糸魚川‐静岡構造線に沿った断層湖。北東岸および南西岸には断層が通るため山地が迫り,北岸および南岸に平たん地が広がる。面積14.1km2,湖面の標高759m,周囲17km,最大水深7.6m。八ヶ岳西麓,鉢伏山霧ヶ峰を流域とする上川,宮川,砥(と)川などの河川が流入し,集水域の面積は531km2と湖水面積の38倍にもおよぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すわこ【諏訪湖】

長野県中部にある断層陥没湖。冬期結氷し、氷面にできた割れ目に沿って氷堤の盛り上がる「御神渡おみわたり」が見られる。天竜川の水源。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕諏訪湖(すわこ)


長野県中部、諏訪盆地にある断層湖。面積12.9km2。湖面標高759m。上(かみ)川・宮(みや)川など30の河川が流入し、天竜(てんりゅう)川の源流をなす。コイ・フナ・ワカサギなどが捕れ、内水面漁獲高は全国有数。湖岸では第二次大戦前は製糸工業、戦後はカメラなどの精密機械工業が発達。ボート・ヨット遊びやサイクリング、冬季はスケート・ワカサギ穴釣りの好適地。厳寒期に氷が隆起する「御神渡(おみわたり)」とよばれる現象で知られる。湖岸に上諏訪温泉・下諏訪温泉の温泉街がある。湖の南方に諏訪大社上社(かみしゃ)、北方に諏訪大社下社(しもしゃ)がある。昭和40年代から工業・生活排水によるアオコ発生などの汚染が深刻化し、水質浄化施設などが設置された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

諏訪湖
すわこ

長野県中央部、諏訪盆地にある湖。糸魚川(いといがわ)市から駿河(するが)湾に至るフォッサマグナの陥没地にできた構造湖で、面積12.9平方キロメートル、周囲17キロメートル、湖面標高759メートル、最深部7.6メートル。八ヶ岳(やつがたけ)火山から流下する宮川や上(かみ)川の土砂の堆積(たいせき)が激しく、地質時代からみるとかなり縮小している。県ではいちばん大きいが、日本の内陸湖としては水深の小さい老齢湖である。湖水の汚染が進み、透明度はきわめて低かったが、長野県は水質保全に取り組み、近年は成果を得ている。湖に流入する河川は多く、湖岸南西部から流出する天竜川の釜口(かまぐち)水門によって湖面の高さや流出量を調節している。明治、大正期には湖を用水源として岡谷(おかや)市、諏訪市などに製糸工業が発達したが、現在は第二次世界大戦中に疎開したカメラ、時計などの工業が発展し、湖岸は日本有数の精密工業地をなしている。漁業はコイ、フナなどの漁獲やワカサギの養殖が行われ、冬期、氷に穴をあけて釣るワカサギ釣りは湖の風物詩である。湖中には温泉がわき、北岸に上(かみ)諏訪温泉街を形成する。1月下旬の厳寒期に湖が全面結氷すると、「御神渡(おみわた)り」とよばれる現象が生じる。下(しも)諏訪から南南西方向に割れ目ができ、割れ目に沿って氷堤ができる。昼夜の温度差が大きいために生じるものであるが、地元では、諏訪大社の上社の男神が下社の女神のもとに通う恋路であると言い伝えている。
 なお、「諏訪の海」として古歌に多く詠まれる歌枕(うたまくら)でもある。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諏訪湖の関連キーワード断層湖諏訪長野県諏訪市上諏訪長野県諏訪市四賀長野県諏訪市渋崎長野県諏訪市諏訪長野県諏訪郡長野県中野市諏訪町長野県諏訪郡下諏訪町高木長野県諏訪市中洲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

諏訪湖の関連情報