コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖沼開発 こしょうかいはつ lake development

1件 の用語解説(湖沼開発の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湖沼開発
こしょうかいはつ
lake development

湖沼の機能を人為的に補強するために,湖岸周辺に堤防などを整備し,湖水の出口には堰などを設けて,湖沼を貯水池化し,水位の調節を行なって洪水被害の軽減や新規の用水を確保すること。自然の湖沼は洪水時には水を一時的に貯留する洪水調節池の役割を果し,渇水時には水の供給源として溜池の働きをするが,それには限界があり,この限界をこえると,洪水時には水位が上昇して周辺で内水被害を起し,渇水時には水位が低下して用水の取水が困難となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湖沼開発の関連キーワードホットキーたんぱく質工学工作買い人為的空港機能施設添木組換えDNA技術職場保障森林施業(施業)薬煉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone