湛海坊(読み)たんかいぼう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湛海坊 たんかいぼう

平安時代後期の伝説上の剣術家。
鬼一法眼(きいちほうげん)の弟子。「義経記(ぎけいき)」によれば,鬼一が所蔵する兵法書「六韜(りくとう)三略」をぬすみよみした源義経に激怒した鬼一により,刺客として義経のもとにつかわされる。京都五条で義経をおそうが,逆に殺されたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android