コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三略 サンリャク

百科事典マイペディアの解説

三略【さんりゃく】

六韜(りくとう)三略

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんりゃく【三略】

中国古代の兵法の書。上略・中略・下略の三巻。周の太公望の遺著とも漢の張良が黄石公から授けられたともいう。老子の思想を基調にして、治国の大道から政略・戦略の道を論述したもの。黄石公三略。「六韜りくとう」と併称される。
考えるときのよりどころとなる本。虎の巻。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三略
さんりゃく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三略の関連キーワード謀は密なるを良しとす香餌の下必ず死魚あり新歌舞伎十八番柔能く剛を制す鬼一法眼三略巻六韜・三略一条大蔵譚酒井の太鼓六韜・三略松田文耕堂源平合戦物長谷川千四鬼一法眼暁の明星武経七書常盤御前虎の巻太公望伏見版文耕堂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三略の関連情報