鬼一法眼(読み)キイチホウゲン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鬼一法眼 きいちほうげん

伝説上の兵法者。
義経記(ぎけいき)」によれば,京都一条堀川にすむ陰陽師(おんようじ)で,文武にすぐれる。牛若丸(源義経)はその娘の手引きで秘蔵の兵書「六韜(りくとう)三略」をよむことができたという。江戸時代の浄瑠璃(じょうるり)や歌舞伎などに登場し,ひろくしたしまれた。「おにいちほうげん」ともよむ。

鬼一法眼 おにいちほうげん

きいちほうげん

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鬼一法眼

義経伝説に登場する陰陽師。「おにいちほうげん」ともいう。実在は不明。『義経記』では,京の一条堀川に住み,天下の兵法書『六韜三略』を秘蔵している。牛若丸はそれを見ようとしたが許されず,法眼の末娘と契りを交わし,娘のはからいで『六韜』を手に入れ1字も余さず覚えてしまう。法眼は激怒し,妹婿の湛海を追っ手に差し向けたが,返り討ちにあった。娘は牛若丸と別れた悲しみのあまり死んでしまい,法眼は悲しみにうち沈む。鬼一法眼はお伽草子『判官都ばなし』や謡曲「湛海」にも登場し,浄瑠璃では「鬼一法眼三略巻」が有名で,のちに歌舞伎にもなった。

(小松和彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きいちほうげん【鬼一法眼】

古くは鬼一は〈おにいち〉とも読まれた。義経伝説に登場する陰陽師(おんみようじ)で,六韜(りくとう)兵法を伝受していたとされる。義経はその娘の手引きでこの兵法をひそかに写しとる。《義経記》では鬼一法眼は一条堀川に住み,妹婿に北白河の印地の大将湛海がいたとされる。鬼一法眼は御伽草子《判官都ばなし》や謡曲《湛海》にも登場し,浄瑠璃では《鬼一法眼三略巻》が有名で,後に歌舞伎にも移された。また,中世の陰陽道系の兵法書に四十二箇条,一巻書,虎の巻などと称されるものがあって,それらの伝来を記す中に吉備真備,鞍馬の僧祐海,義経などとともに鬼一法眼の名が見える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きいちほうげん【鬼一法眼】

伝説的人物。京都一条堀川に住む陰陽師おんようじで文武の達人という。牛若丸はその娘となじんで兵書「六韜三略りくとうさんりやく」を盗み学んだという。能・浄瑠璃に脚色される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おにいち‐ほうげん ‥ホフゲン【鬼一法眼】

(「法眼」は単に僧に対する敬称) 「義経記」巻二などに描かれる文武両道に秀でた僧体の人物。京の一条堀河に邸を持つ陰陽師法師という。源義経に「六韜(りくとう)三略」の兵法書を盗まれた話により知られる。彼の名を題名とする御伽草子三巻(「判官都話」とも)がある。きいちほうげん。

きいち‐ほうげん ‥ホフゲン【鬼一法眼】

「義経記」などに描かれる文武両道に秀でた僧体の人物。京の一条堀河に邸を持つ陰陽師法師という。源義経に兵法を盗まれた話により知られる。おにいちほうげん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

鬼一法眼
(通称)
きいちほうげん

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
鬼一法眼三略巻
初演
享保16.12(大坂・嵐国石座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

世界大百科事典内の鬼一法眼の言及

【鬼一法眼】より

…義経はその娘の手引きでこの兵法をひそかに写しとる。《義経記》では鬼一法眼は一条堀川に住み,妹婿に北白河の印地の大将湛海がいたとされる。鬼一法眼は御伽草子《判官都ばなし》や謡曲《湛海》にも登場し,浄瑠璃では《鬼一法眼三略巻》が有名で,後に歌舞伎にも移された。…

※「鬼一法眼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android