コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源兼澄 みなもとの かねずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源兼澄 みなもとの-かねずみ

?-? 平安時代中期の官吏,歌人。
光孝源氏で,父は源信孝。祖父源公忠(きんただ),伯父源信明(さねあきら)ら,一族に歌人がおおい。生年は天暦(てんりゃく)9年(955)ごろで,寛弘(かんこう)9年(1012)の大嘗会(だいじょうえ)詠進まで活躍。従五位上,加賀守となった。歌は「拾遺(しゅうい)和歌集」以下の勅撰集に11首はいる。家集に「兼澄集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android