源兼澄(読み)みなもとの かねずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源兼澄 みなもとの-かねずみ

?-? 平安時代中期の官吏,歌人。
光孝源氏で,父は源信孝。祖父源公忠(きんただ),伯父源信明(さねあきら)ら,一族に歌人がおおい。生年は天暦(てんりゃく)9年(955)ごろで,寛弘(かんこう)9年(1012)の大嘗会(だいじょうえ)詠進まで活躍。従五位上,加賀守となった。歌は「拾遺(しゅうい)和歌集」以下の勅撰集に11首はいる。家集に「兼澄集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android