コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源多 みなもとの まさる

2件 の用語解説(源多の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源多 みなもとの-まさる

831-888 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
天長8年生まれ。仁明(にんみょう)天皇の皇子。臣籍にはいり,仁明源氏のはじめとなった。仁寿(にんじゅ)4年(854)参議,元慶(がんぎょう)6年(882)右大臣にのぼる。正二位。仁和(にんな)4年10月17日死去。58歳。贈従一位。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源多

没年:仁和4.10.17(888.11.24)
生年:天長8(831)
平安前期の公卿。正二位。仁明天皇皇子で母は不詳。承和2(835)年源朝臣の姓を賜って臣籍に下った賜姓源氏。嘉祥3(850)年3月19日に仁明天皇が出家したおり阿波守であった多もこれに従った(『続日本後紀』)。しかし,この出家は一時的なもので間もなく還俗し,斉衡1(854)年参議になり,元慶6(882)年右大臣に昇進した。右大臣にあること6年,死後,従一位を贈られた。死の直前の顔は土色で,血を吐き気絶したまま没したという。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

源多の関連キーワード源多僖宗県内と奄美の被爆者神呪寺元稹秘府略武漢有智子内親王葛原親王人康親王

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

源多の関連情報