コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源定平(2) みなもとの さだひら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源定平(2) みなもとの-さだひら

?-? 鎌倉-南北朝時代の公家,武将。
村上源氏。家名は中院(なかのいん)。左近衛(さこんえの)中将。後醍醐(ごだいご)天皇の討幕計画にくわわり,護良(もりよし)親王にしたがった。建武(けんむ)3=延元元年(1336)湊川(みなとがわ)の戦いで足利尊氏軍にやぶれ,のち河内(かわち)で再挙をはかるが以後消息は不明。初名良定

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

源定平(2)の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android