コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上源氏 むらかみげんじ

6件 の用語解説(村上源氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村上源氏
むらかみげんじ

村上天皇の孫師房を祖とする氏族。師房は寛仁4 (1020) 年臣籍にくだり,源の姓を賜わって藤原頼通の猶子となった。子孫も摂関家藤原氏と結んで朝廷の要職を占め,平安~鎌倉時代を通じて有力な氏族であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むらかみ‐げんじ【村上源氏】

村上天皇の皇子具平(ともひら)親王の子師房(もろふさ)に始まる源氏の一流。堀川・久我(こが)・土御門(つちみかど)・中院(なかのいん)・岩倉・六条などの諸家に分かれ公家として栄えた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

村上源氏【むらかみげんじ】

源氏

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

むらかみげんじ【村上源氏】

村上天皇の皇子具平(ともひら)親王より出た皇胤貴族。嵯峨天皇の皇子が源氏の姓を賜って以来,源姓の皇胤貴族は数多く輩出したが,後世まで永く公家社会にふみとどまったのは,宇多・醍醐・村上3天皇の皇胤で,なかんずく村上源氏の諸家がもっとも繁栄した。1020年(寛仁4)源朝臣の姓を賜った具平親王の長男師房は,関白藤原頼通の猶子となって朝廷に出身し,さらに頼通の妹尊子をめとって俊房・顕房兄弟をもうけた。こうして摂関家との緊密な関係を背景として,父子ともに相ついで大臣に昇ったが,さらに顕房の女賢子が関白藤原師実の養子となって入内し,白河天皇の皇后となって寵を得,その所生の皇子たる堀河天皇が践祚(せんそ)するにおよび,一門大いに栄え,一時は源氏の公卿が藤氏公卿を越える人数を誇った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むらかみげんじ【村上源氏】

村上天皇の孫、師房もろふさに始まる源氏。久我こが・岩倉・北畠・中院なかのいん・六条・千種などの諸家がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村上源氏
むらかみげんじ

村上天皇の皇子具平(ともひら)親王の子師房(もろふさ)に始まる賜姓源氏。堀川(ほりかわ)、久我(こが)、土御門(つちみかど)、中院(なかのいん)、六条(ろくじょう)、千種(ちぐさ)、北畠(きたばたけ)などの公家(くげ)に分かれた。北畠親房(ちかふさ)もこの流れである。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の村上源氏の言及

【源氏】より

… ついで村上天皇からは皇子昭平親王が源姓となったほか,致平,為平,具平の諸親王の皇子たちがそれぞれ源氏となった。村上源氏の中でも二品中務卿具平親王の子源師房は従一位右大臣となり,その子俊房は従一位左大臣,顕房は従一位右大臣になるなど,この系流は白河院政成立期に朝廷に権勢をふるい,一時は源氏一門が公卿の過半数を占め,それまで廟堂を独占していた藤原摂関家を圧倒するほどの勢いを示した。当時すなわち11世紀末ごろ,清和源氏の一流で源義家に代表される武勇の家がその武的勢力を大きく伸ばしはじめていたが,中央政界で源氏といえば,むしろ俊房以下の村上源氏の一流をさしたのであった。…

【白河天皇】より

…また摂関家の重鎮であった前関白藤原頼通,上東門院彰子が翌74年(承保1)に,75年には関白教通が没,関白は頼通の子師実が継いだ。そして摂関家の衰勢に対し,先朝以来の村上源氏の進出が目だつが,同氏は本来摂関家と姻戚関係が深く,両者は必ずしも対立的ではなかった。白河即位に当たり,東宮には後三条の意志で女御源基子所生の2歳の異母弟実仁親王が立つが,これは摂関家が外戚となるのを排したためといわれる。…

【源師房】より

…平安後期の公卿。村上源氏の祖。村上天皇皇子具平親王の長男。…

※「村上源氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

村上源氏の関連キーワード久我家具平親王中院家荘子女王知仁親王永平親王広平親王昌平親王泰成親王楽子内親王

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

村上源氏の関連情報