コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溜込 たらしこみ

大辞林 第三版の解説

たらしこみ【溜込】

日本画の彩色技法の一。色を塗ってまだ乾かないうちに他の色をたらし、そのにじみによって独特の色彩効果を出すもの。自覚的に用いたのは宗達が初めで、以後、琳派がさかんに用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

溜込【たらしこみ】

近世大和絵の手法。絵具がかわかないうちに他の絵具をその上からたらしてにじみをつくり,独特の調子を与える。水墨にも応用する。宗達が始め,尾形光琳酒井抱一らも活用した。
→関連項目俵屋宗達

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

溜込の関連キーワード日本画以後琳派

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android