コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶姫 ようひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

溶姫 ようひめ

1813-1868 江戸時代後期,11代将軍徳川家斉(いえなり)の娘。
文化10年3月27日生まれ。母はお美代の方。文政10年(1827)加賀金沢藩主前田斉泰(なりやす)と結婚。その際,江戸の同家上屋敷の南に御守殿(ごしゅでん)門が造営され,東大赤門として現在にのこる。慶応4年5月1日死去。56歳。名は諧子(ともこ)。法号は景徳院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

溶姫の関連キーワード立原春沙東京大学

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

溶姫の関連情報