コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御守殿 ゴシュデン

3件 の用語解説(御守殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐しゅでん【御守殿】

江戸時代、三位以上の大名に嫁いだ、将軍の娘の敬称。また、その住居。
1に仕えた女中。御守殿女中。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御守殿
ごしゅでん

江戸時代に将軍の女(むすめ)で、尾張(おわり)・紀伊(きい)・水戸(みと)の御三家(ごさんけ)、田安(たやす)・一橋(ひとつばし)・清水(しみず)の御三卿(きょう)、加賀の前田家に嫁した者、あるいはその住居をさしていう。これに対し、そのほかの大名に嫁した者あるいはその住居をさして御住居(おすまい)といった。ところで、この御守殿・御住居の御用は、すべて若年寄のうちの1人が掛(かかり)となって取り扱った。また、御守殿はもとより大名家などの奥向きに仕える御殿女中の高位の者も、俗に御守殿と称した。[北原章男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御守殿の関連情報