充塡(読み)ジュウテン

デジタル大辞泉 「充塡」の意味・読み・例文・類語

じゅう‐てん【充塡】

[名](スル)欠けているところや空いているところに、ものを詰めてふさぐこと。「銃に弾丸充塡する」
[類語]塞ぐ補塡補給塡補穴埋め増補拾遺補遺補う追加付加補足補充カバー加味補完相補補訂補綴ほてい充てる充当する当てはめる引き当てる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「充塡」の読み・字形・画数・意味

【充塡】じゆうてん

みたす。〔宋史、兵志一〕哲宗位し、四方用兵、廣し。元元年三河北路保甲を寄招し、在京禁軍の闕額を充塡す。

字通「充」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android