コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶断 ようだんmelt-cutting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溶断
ようだん
melt-cutting

金属素材を融点以上に加熱し切離す技術。加熱の熱源によって,酸素-アセチレン炎などの燃焼ガスを用いるガス切断アーク放電の熱を利用するアーク切断,レーザーを用いるレーザーカッティングがある。ガス切断は製鉄所におけるスラブの切断をはじめ,造船など重工業における素材の切取りから身近な民生用にも広く用いられている。レーザーカッティングは歩どまりと精度がよいのが特徴で,各種製造業では,CAD/CAMシステムと組合せ,素材の切取り工程として採用している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ようだん【溶断】

( 名 ) スル
ガスの炎などで、金属の温度を高めて切断すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

溶断の関連キーワードヒューズ(電気回路)金庫(容器、施設)酸素アセチレン炎プラズマジェット精電舎電子工業小池酸素工業東海鋼材工業液化石油ガス爆轟衝撃加工ウッド合金送電容量酸水素炎粉末切断ヒューズ遮断器温度金属NC金庫

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

溶断の関連情報