コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶融粘度式 melt viscosity equations

法則の辞典の解説

溶融粘度式【melt viscosity equations】

高分子溶融体の粘度を与える式.分子量との関係式としては

logη0=3.4log MwavA

ここで η0 は,ずり応力がゼロのときの粘度,Mwav は平均分子量,A は物質温度,圧力によって定まる定数である.ときには「高分子粘度の3.4乗則」とも呼ばれるが,必ずしも3.4乗に比例するとは限らない.

溶融粘度と温度との関係式には,アンドラーデ(アンドレイド)の粘度式*:η=Aexp(E/RT),ドゥーリットル粘度式*:η=Aexp(V0/Vf)+BWLF(Williams-Landel-Ferry)の式*:logaτC1TTs)/ {C2+(TTs)},などが用いられている.ABC1C2 はそれぞれ定数である.E は流動の活性化エネルギー,V0 は占有体積,Vf は自由体積である.WLF式にある aτ は時間‐温度換算因子と呼ばれる値で緩和時間 τ の標準温度状態との比,すなわち τ(T)/τ(Ts)である.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

溶融粘度式の関連キーワードアンドラーデC1

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android