滝沢 英輔(読み)タキザワ エイスケ

  • 滝沢 英輔 (たきざわ えいすけ)

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の映画監督



生年
明治35(1902)年9月6日

没年
昭和40(1965)年11月29日

出生地
東京・

本名
滝沢 (タキザワ ケン)

別名
共同筆名=梶原 金八

学歴〔年〕
東京府立工芸卒

経歴
大正14年兄・二川文太郎を頼って東亜等持院撮影所に入社。同年東亜から分裂したマキノ映画に移り、俳優兼助監督を務める。「復讐と兄弟」「この母を見よ」「学生五人男」などに出演するかたわらシナリオを執筆、昭和4年「或る女と画家」が監督第一作。マキノ解散後、国太郎プロ、東活、右太プロ、新興、寛寿郎プロ、P・C・Lなどを経て、29年日活に入社。代表作にキネ旬ベストテン7位になった「パイプ三吉」(4年)や、スペクタクル時代劇「戦国群盗伝」(12年)、「斬られの仙太」(24年)「国定忠治」(29年)「六人の暗殺者」(30年)「絶唱」(33年)「しろばんば」(37年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1902年9月6日
昭和時代の映画監督
1965年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android