(読み)にじむ

精選版 日本国語大辞典「滲」の解説

にじ・む【滲】

〘自マ五(四)〙
液体がしみてひろがる。文字や図柄などの輪郭がぼやけてひろがる。また、色が溶けて散りひろがる。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)初「涙を落す冊子(ほん)の上、文字も鈍染(ニジミ)てかすむらん」
② 液体が内から表面にわき出る。しみでる。
史記抄(1477)一二「ちっともがにしめば其人が死するぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「滲」の解説

しん【滲】[漢字項目]

シン)() []にじむ
しみ出る。にじむ。「滲出滲透

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android